2008年02月02日

トイレトレーニング

昨年の暮れあたりから、気負わずになんとなく続けているトイレトレーニング。
きばった顔をしたら、「ウンチかな?」と声をかけると、ななちゃん自らトイレへ慌てて歩いて行き、便座に座らせ、ウンチをする。
ということを繰り返していた。
補助便座を使わずにトレーニングを始めたので、外出先のトイレでもできるし、なかなかいい感じだ。
ただ、まだウンチを教えてくれないので、気づいてあげないとできなかった。
トイレでできたことを褒めちぎったあとに、「今度はウンチのときはママに教えてねー。」と付け足しのように言い続けてきた。

それが3日前、きばり始めたので顔を見ると、ななちゃんが目を丸くして、思いついたような顔で私を見て、「あっ!」と叫んだ。
すかさず「ウンチかな?」というと、一目散にトイレへ。
あの「あ!」は教えてくれたんだと嬉しくなり、
「ウンチでるのママに教えてくれたんだねー。ありがとう。えらいねー。すごいねー。」
と、抱きしめて褒めちぎった。

今日、キッチンで食器を洗っていると、ななちゃんが何やら「い〜!い〜!」と騒いでいる。
「どうしたのー?」と気のない声をかけながら洗い続けていると、今度はキッチンのゲートまで来て「い〜!い〜!」と騒ぐ。
どうせまたリモコンでも持ってきて、いないいないばぁを見せろとでも言っているのだろうと、ななちゃんを見ると、何も持たずに必死に「い〜!い〜!」言っている。
そしていきなり真顔になり黙り、だんだん顔に力が・・・
「あっ!ウンチ?教えてくれてたの!?」と私が言うと、急いでトイレへ行くななちゃん。
私も慌てて後を追い、無事にトイレでできた。
私はまたもや抱きしめて、褒めちぎった。

この前のは、たまたま私と目が合ったから教えてくれたのかな?と思っていたが、今回は違う。
確実に私に「トイレへ連れて行って」と訴えていた。
ななちゃんの成長が嬉しくて嬉しくてたまらない。
posted by にんぎょ at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ママライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。